干支

2018年12月26日

来年の干支は、亥です。

所説ございますが、その中の一つをご紹介いたします。

本来、十二支は植物の生長を表すものでした。(子=根~亥=種)

亥は植物の生命が種子の中に閉じ込められている状態です。

その後、人々が覚えやすいようにと動物の名前を当てはめたのが今の十二支になったそうです。

亥の由来は、イノシシの肉が万病に効果がある食べ物だと信じられていたことによります。

これらのことから、エネルギーを蓄えて次の世代へと向かう準備をする年、無病息災の年だと言われています。(優)

賽ノ神

2018年12月25日

昨年は、多くの雪がふり境内の様子も変わっておりました。

本年度は、明るい日差しがさすところが多く天候に恵まれたのではないかと考えております。

本年度は平成31年1月13日に行われます。

賽ノ神は、日本各地に伝わる小正月の伝統行事です。

竹と木で骨組みをし、藁を積み上げます。

正月飾りや書初めを一緒に燃やしまして祈ります。

17時に点火し夜長に燃え進みます。(小)

大祓

2018年12月24日

12月31日の16時半から、大祓式が執り行われます。

大祓は、日々過ごす中で知らず知らずの内に身についてしまった半年間の罪や穢を人形に移して御祓いし、

次の半年を無病息災に過ごせるよう願う神事です。

その後、拝殿でお祓いした浄火を、一年間御守護いただいたお札やお守りに灯します。

皆様のお参りお待ちしております。(小)

提灯 設置

2018年12月23日

今年も残すところあとわずかとなりました。

当社では年末年始に向けた準備が進んでおります。今日は氏子青年会や総代会の皆様と、提灯を設置致しました。

寒い中ご協力いただきまして、誠にありがとうございました。(紳)

正月限定御朱印とオリジナル御朱印帳

2018年12月22日

今年も残すところ10日ほどになりました。数日前に降った雪はほぼ溶けましたが、寒い日が続いております。

さて今日は正月限定でお書きいたします御朱印をご紹介いたします。

 

 

 

 

既に当社の御朱印をお受けになった方もいらっしゃるかもしれませんが、平成31年の正月三が日限定で上記の通り金色の筆であしらった御朱印をお書きいたします。ご祭神の金山毘古命が鉱山や金運のご神徳があるとされることから、縁起の良い金色で書くことになりました。初穂料は300円お納めいただきます。

 

次に新しいオリジナルの御朱印帳をご紹介いたします。当社の7月の例祭で奉納されている流鏑馬がデザインされたものです。ご覧の通り開いていただくと騎手が的に向け弓を射る様子が描かれています。御朱印集めをこれから始めようと思っている方、また今の御朱印帳が書き終わりそうな方、この機会にいかがでしょうか。こちらはすでにお受けいただけます。初穂料は1200円お納めいただきます。(吉)