‘祭典・行事のご案内’ カテゴリーのアーカイブ

夏詣(なつもうで)のご案内

2020年6月3日 水曜日

コロナウイルス感染の脅威が社会を襲い、緊急事態宣言こそ解除されたものの、まだまだ不安の多いここ最近のニュースです。感染の広がりは現在局地的になりつつもまだまだ予断の許さない状況であることに変わりはありません。

当社は前日7月14日、15日の例祭(流鏑馬)について、多数の参拝が予想される流鏑馬神事、子どもたちが連日一生懸命に練習し奉納する稚児舞について中止の決定をし、縮小した例祭を行うことと致しました。行事を行う中で人から人への感染が広がる状況がどうしても作られてしまうためであり、残念ではありますが仕方ないことと判断を致しました。

しかしながら一方で経済を循環させ、教育、福祉や地域活動といった社会全体の動き方を模索していかなければならない時期に入っていると思います。 社会活動を行う中で起こる人と人、人と事象の関わりから起こる様々な不安やストレス、祈りや願いを受け入れ和らげる場としての神社の活動を再開したいと考えております。

そのために標記の『夏詣』の祭礼を作り上げていこうと考えております。

夏詣とは? 我々日本人は大晦日に「年越しの大祓」で一年の罪穢れを祓い清め、 翌日の元日は新しい年に始まりとして、 その年の平穏を願い神社・仏閣に詣でる「初詣」を行います。その始まりから六ヶ月、 同じく罪穢れを祓い清める「夏越しの大祓」を経て、 過ぎし半年の無事を感謝し来る 半年の更なる平穏を願うべく、 年の半分の節目として、 七月一日以降にも神社・仏閣に詣でます。この新たな習慣を「夏詣」と称して、 我が国の守り伝えるべき風習となるよう、共に育てていきたいと思います。

夏詣公式サイト https://natsumoude.com/

コロナ禍において大勢の人が集まるようなものではなく、ひっそりと慎ましく半年の終わりを感じ、残り半年の令和2年が実りの多い年となればと考えております。詳細は後日お伝えしたいと思いますが、何卒趣旨ご理解をいただければと存じます。(桃)

月次祭のご案内(6月1日午後2時斎行)

2020年5月31日 日曜日

 5月も今日を残すのみとなりました。思い返しますとコロナのゴールデンウィークから始まったわけですがここ最近緊急事態宣言が解除されまして終息へと着実に進んでいるように思えますがまだまだ安心はできない昨今でございます。

また最近は暑い日も多くなりまして日に日に夏の訪れを感じます。

6月の月次祭のご案内を致します

6月1日(月)午後2時より斎行

国家の平安と皇室の護持、そして参列される皆様方のご健勝とご多幸をご祈念申し上げます。

引き続きコロナウイルス感染拡大を防ぐため、ご自宅の神棚・お札を通してお祈りいただいてもよろしいかと存じます。それぞれの環境に合わせてお参りください。 (佐)

月次祭のご案内(5月1日午後2時より)

2020年4月26日 日曜日

早いもので4月も終わろうとしています。今年はコロナウイルスの事もあり、あっという間に過ぎ去った気がします。また大型連休も始まりましたが、今年は家でゆっくりと過ごされる方がほとんどかと思います。家の掃除や断捨離、読書など、普段やろうと思いつつできなかったことなどに時間をかけられたらいいですね。

それでは月次祭のご案内を致します。

5/1午後2時より斎行致します。

国家の平安と皇室の護持、そして参列される皆様方のご健勝とご多幸をご祈念申し上げます。

引き続きコロナウイルス感染拡大を防ぐため、ご自宅の神棚・お札を通してお祈りいただいてもよろしいかと存じます。それぞれの環境に合わせてお参りください。(吉)

「大嘗祭当日神社にて行う祭祀」のご案内 11月15日午後2時より

2019年11月7日 木曜日

天皇陛下の御即位後初めての新嘗祭となる大嘗祭が、来週14日から15日にかけ、皇居の大嘗宮にて執り行われます。

斎田点定の儀により決まった栃木県のお米をお供えする悠紀殿供饌の儀(ゆきでんきょうせんのぎ)が14日午後6時半から、京都府のお米をお供えする主基殿供饌の儀(すきでんきょうせんのぎ)が15日午前0時半から斎行され、御即位に関する中心的儀式を迎えます。また全国の都道府県特産の農水産物もお供えされます。

これに合わせ、当社でも令和の御代の弥栄を祈念申し上げ祭祀を執り行います。月次祭同様、どなたでもご参列いただけますので、お時間ございましたらお越しいただければと存じます。

日時 11月15日(金)午後2時より

皆様のご参列をお待ちしております。(吉)

月次祭のご案内。9月15日午後2時より斎行

2019年9月15日 日曜日

晴れますと昼間はまだまだ暑い日が続きますが、朝夕が涼しくなってまいりました。

月次祭をご案内いたします

9月15日(日) 午後 2時 斎行

国家の平安と皇室の護持、そして参列される皆様方のご健勝とご多幸をご祈念申し上げます。
月次祭参列は特にお包み頂く必要はございませんので、どうぞ日々の祈りと感謝をご神前にてお参り下さい。 (佐)