‘神社からお知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

戌の日のご案内

2021年1月25日 月曜日

朝から青空に覆われ、日差しの下は春を感じさせてくれるお天気です。今年の立春は2月3日、凍える季節も終わりが見えてきました。

さて今日は戌の日のご案内を致します。

古来より犬が安産で丈夫な子を産むことから、妊娠5ヶ月を過ぎた戌の日に母体の健康と胎児の無事な出産を祈念する安産祈願のお参りが行われてきました。

明日は今年3回目の戌の日でございます。

妊婦様やご家族様、とりわけ今年は感染症予防のためお正月の参拝を控えられた方もいらっしゃったかと存じます。どうぞご神前でお子様のご誕生をお祈り下さい。

また、安産祈願のご祈祷や安産お守りも対応いたしております。詳しくはこちらまでお問い合わせください。(吉)

電話:0258-32-2337

メール:master@kinpu.jp

令和3年2月の御朱印のご案内

2021年1月20日 水曜日

今日は大寒。一年で最も寒い時期とされます。新年の花手水も終わり、手水舎も今日は凍ってしまいました🏔️


来月2月の御朱印をお知らせします。
『六花(りっか)』💠

六花とは雪の別称です。雪の結晶が六角形であることからそう呼ばれるそうですが、何とも風情のある雪の呼び方ですね。
社号[金峯神社]と雪の結晶を銀色に、澄み渡り星の流れも美しい冬の夜空と御神紋[五七桐]を紺青色で表現しました。
2月1日(月)から頒布となります(初穂料300円)
直書・書置どちらにも対応致します。(桃)

お焚き上げについて

2021年1月19日 火曜日

好評いただいております花手水ですが、多くの方にご参拝いただきありがとうございました。歴代興行収入一位を記録した『鬼滅の刃』をイメージした装飾に、いらっしゃったお子様たちからも「炭治郎だ!」「禰豆子の色だよ!」と楽しそうなお声を頂けました。次の花手水も是非お楽しみください。

今年は塞ノ神が中止となったことで、お焚き上げについてのお問い合わせを多くいただいております。こちらでも再度連絡致します。

・お焚き上げは通年、社務所(手水舎の奥の建物)にて受け付けております。

・お札や御守り、注連縄などの初穂料は定めておりません。お気持ちをお賽銭箱に入れていただければ幸いです。

・神棚やだるま、人形はお祓いをしてからお焚き上げを致します。初穂料500円程お納めいただいております。

長岡は夜まで強い風雪、明日は回復しますが、21日はマイナス8度まで冷え込む予報です。道路の混雑も予想されますので、ご移動ご注意ください。(吉)

令和3年も宜しくお願い致します

2021年1月10日 日曜日

長らく更新が滞っており失礼いたしました。

あっという間に令和3年も10日を過ぎようとしております。

ご存じの通り元日より大雪に見舞われた事、コロナの影響を考え分散参拝を呼びかけていた事などから、ゆったりとした新年のスタートだったと感じます。

この3連休も日本列島を寒波が覆い、長岡も連日の大雪。境内の雪も行き場を失い、どこに運べばいいかわからない様な状態です。

ご参拝の皆様には駐車場などが狭くご不便をお掛け致しますが、お気をつけてお越しいただければ幸いです。

本年もどうぞよろしくお願い致します。(吉)

花手水のお知らせ

2020年12月29日 火曜日

12月29日(火)より新年花手水を行っております。今回はさい花様より調製を行っていただきました。新年を迎えるイメージで紅白主体の美しい花手水に仕上がりました。

また、手水舎には同じく新年をイメージした装飾がなされています。

小国和紙生産組合様の切り紙と注連縄(しめなわ)のリースが飾られ、冬風に揺れながら新年を祝っています。切り紙は佐渡でよく用いられている鯛と烏賊の文様だそうです。一枚の紙から作り出す芸術ですね。

今回はさらにサンクラフト様から初詣の参拝に対応できるよう竹の流水も二口に、枠も漆黒の枠に作っていただきました。

1月12日(火)までとなっておりますのでぜひご参拝ください。1月5日(火)にお花は別のテーマに模様替え致しますので、再度の参拝をお待ちしております。

また今日から1月の御朱印『雲鶴』の頒布始めとなります。おなじくアマビエの御札も頒布(無料)となっておりますので、あわせてお求めください。

今年も残すところ本当に僅かとなりました。不穏な暗雲漂う世情が少しでも良い社会になりますように微力な貢献ができればと思います。(桃)