‘社務日誌’ カテゴリーのアーカイブ

秋が近づいてきました

2021年8月12日 木曜日

8月7日の立秋を過ぎてから、続いていた猛暑が落ち着いたようにも感じます。

長岡も38度まで上がった日もありましたが、ここ数日は30度くらいの日が続いています。

とはいえ「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、暑さの戻りも考えられますので、油断せずにお過ごしください。

今年のお盆も帰省せずにお過ごしになる方も多いかと思います。

会えない代わりに電話やビデオ通話で近況を伝え合うのもいいですね。ごゆっくりお過ごしください。(吉)

長岡市発展祈願祭

2021年8月2日 月曜日


本格的な夏が訪れ、境内ではセミの鳴き声が響き渡っております。

本日9時より、金峯神社におきまして「長岡市発展祈願祭」が執り行われました。

昭和20年8月1日午後10時30分、米軍爆撃機B-29が長岡市上空で焼夷弾による空襲を行い、一夜にして旧市街地の8割が焼け野原となり、1486名もの方が犠牲になりました。また、多くの神社も多くの被害を受けたことから、それぞれの産土神を比較的被害の少なかった当社にお祀りいたしました。そのことから長岡まつりが行われる毎年8月2日に発展祈願祭を斎行してまいりました。

今年も新型コロナウイルスによる感染防止措置の為、長岡まつり・大花火大会などの催しは中止となってしまいました。戦争での被害や度重なる地震・水害などの自然災害から復興をしてきた長岡市。未だ終息の兆しが見えない新型コロナウイルスではございますが、必ず再興することを信じたいと思います。(佐)

天麻那舞奉納

2021年7月15日 木曜日

例祭初日、稚児舞奉納の後は、天麻那舞(あまなまい)を奉納いただきました。

神社の神事にも使われる、麻・榊・鈴などを使用した舞で、

白い衣装を身にまとった女性らしい舞でした。

曲に合わせて緩急をつけた舞に、見守った参拝者の方々も固唾を飲んでご覧になっていました。

全国各地でご奉納されているとのことです。今後のご活躍をお祈り申し上げます。(吉)

風鈴棚が完成しました

2021年7月14日 水曜日

今年から斎行する「風鈴祭」に合わせて、参道に風鈴棚を設置いたしました。

今年は約800個の風鈴を付けております。境内入り口から社殿にかけて、風鈴のトンネルをくぐって参拝することができます。

今日明日は金峯神社の例祭です。ここ数日の悪天候がうそのように、まぶしい日差しに恵まれました。

お越しの際はお気をつけてご参拝ください。(吉)

新町小学校総合学習

2021年7月10日 土曜日

先週、新町小学校の3年生が神社にお越しになりました。

3年生は総合学習で地域の歴史などを調べるようで、毎年金峯神社の歴史を勉強してらっしゃいます。

画像にはありませんが、当社の例祭で使用する稚児舞と流鏑馬の衣装を見た後、代表のお子さんに着てもらいました。

自分たちの生まれ故郷について、案外知らないことも多く感じます。

大人になるとなかなか調べる機会がないので、授業を通じで地元の歴史に興味を持ってくれると嬉しいですね。(吉)